(志賀海神社建立)石造宝篋印塔
  福岡市東区志賀島の“志賀海神社”境内に建立されている「石造宝篋印塔」を取り上げました。
福岡県指定有形文化財(考古資料) 石造宝篋印塔(せきぞうほうきょういんとう)
石造宝篋印塔はもともと過去・現在・未来の幸福を願った仏典(宝篋印陀羅尼経)を納めた塔で、わが国では石塔婆(いそとうば)の形式の名称となっています。
志賀海神社のこの石造宝篋印塔は花崗岩を用い、高さ334.5cmです。
上部に反花座(かえりばな)座のある基礎、立方体の塔身、二弧式馬耳形の隅飾りをもつ笠、その上の相輪の四石からなり、塔身の四方の梵字を、また基礎には二面にわたり造立者と貞和3(1347)年造立年を刻んでいます。
完存する宝篋印塔としては県内最古であり、その清楚な姿からしても福岡県を代表する石造物のひとつです。
1998(平成10)年福岡市教育委員会   みんなの文化財を大切に!  
お墓はくらいの認識のわたしで、辞書を引けばわかっていたのでしょうが、ここ志賀海神社の石造宝篋印塔・説明板を読んだとき、もともとはお墓ではなかったことを知りました。
交流ウォークに参加させていただいてから石塔にも目が行くようになり、広島の地でも宝篋印塔を見ます。
音戸町でみた「伝・清盛塚」廿日市市の「陶晴賢の墓」などですが、お墓の認識が強かったので、五輪塔などに比べると数は少ないように思っていたのです。
(ほうきょういんとう)
宝篋印塔:
宝篋印陀羅尼(だらに)の経文を納めた塔。方形の基礎・塔身・蓋からなり、蓋の上に相輪を立てる。蓋の四隅に隅飾り突起がついているのが特徴。
のちには供養塔・墓碑塔にも用いられた。聖塔(しようとう)。
08.06.10裕・記編集

08.04.28撮影
福岡市東区志賀島877 志賀海神社境内 

08.04.28撮影























08.04.28撮影























「福岡ぶらり散歩」編


何処に行ってもぶらり散歩一覧



(広島ぶらり散歩)
(志賀島関連)
志賀海神社
(志賀海神社末社)印鑰社
(境内の)亀石
(境内の)万葉歌碑 (第一号碑)
(境内の)石造宝篋印塔
(境内の)日露戰役紀念碑
(番外)志賀海神社の絵馬





SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送