現状維持工事が始まった原爆ドーム(2002年)

  “平成11(1999)年三月策定の「史跡原爆ドーム保存整備計画」にもとづき、学識経験者で構成する史跡原爆ドーム保存技術指導委員会の指導・助言をもとに具体的な現状維持工事の内容を決定してこの度の、主に漏水による劣化要因を軽減する事を目的として過去の保存工事で施工された補修材の劣化防止を中心に行う”といっています。
現状維持工事とうたっていることからも解かるように完全な保存は難しいと建築屋の端くれであった私は思っているのです。建物(原爆ドーム)の保存は重要ではないという事を言おうとしているのではないのです、わたしは人々の‘心の中に平和の心’を築く事こそが重要と思っているからです。
中尊寺ではないが保存用の器(上屋)をつくろうなんて論議にならないようにと思うのです。
03.01.10追記    02.12.08裕・記編集
   関連頁:現状維持工事始まる  工事用足場組中   施工後詳細

03.01.05撮影

02.12.05撮影
1 壁天端に対する保存措置
2 窓台に対する保存措置
3 旧倉庫天井スラブに対する保存措置
4 旧倉庫の陸屋根に対する保存措置
5 旧倉庫に対する保存措置
6 煉瓦壁体に対する保存措置
7 内壁に対する保存措置
8 鉄材に対する保存措置
9 地下室に対する保存措置
大掛かりな保存工事は1967、1989に次いで三度目の工事になるという

03.01.05撮影
現状維持工事用の足場にも雪が積って・・・・

02.10.09撮影
南側は見学の為か透明板での仮囲い

02.10.09撮影
北西方向から(電車道を越えて球場側から)見る原爆ドーム)

02.10.09撮影
北面は普通の仮囲い



「原爆ドームの四季」編・全体



広島ぶらり散歩
「原爆ドーム」編・全体





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO