原爆ドーム現状維持工事施工後(2003年)

  “平成11(1999)年三月策定の「史跡原爆ドーム保存整備計画」にもとづき、学識経験者で構成する史跡原爆ドーム保存技術指導委員会の指導・助言をもとに具体的な現状維持工事の内容を決定してこの度の、主に漏水による劣化要因を軽減する事を目的として過去の保存工事で施工された補修材の劣化防止を中心に行う”といっています。
窓部分の水切部分に鉛製の水切り取付けられ、壁天端に防水シートを取付けたようです。
2006年になって原爆ドームの周辺9地点の表土を調べたところ7地点で土壌汚染対策法で定める基準の1.3倍〜33倍にもおよぶ鉛が検出されたそうで、その汚染原因がこのとき使用した鉛板ではないかと疑われています(広島市は否定していますが地下水の汚染がないか調査するそうです)。
07.09.11追記   03.03.10裕・編集
  関連頁:現状維持工事始まる   工事用足場組中   施工後詳細

03.03.02撮影
2.窓台に対する保存措置  金属板(鉛板)が取り付けられました
※鉛板は加工しやすく、現場に即応した形に容易にできるから採用されたようですが、2006年鉛汚染の原因ではと疑われています

03.03.14撮影
1.壁天端に対する保存措置  (壁の天端に防水シートを貼っているようです)

03.03.14撮影
3・4・5旧倉庫の陸屋根に対する保存措置  (屋根をシート防水したようです・・・)

03.03.14撮影

03.03.14撮影



次ぎの拡大画像へ



広島ぶらり散歩
「原爆ドームの四季」編・全体



「原爆ドーム」編・全体





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO