旧広島県産業奨励館・鉄骨階段(螺旋階段)

  1915(大正4)年4月5日廣島縣物産陳列館(広島県物産陳列館)として竣工した建物には、中庭がありその南側に3階2階から1階中庭への(主に非常時の)避難階段として鉄骨の螺旋(らせん)階段が設置されていました。
1933(昭和8)年11月に廣島縣産業奬勵館(広島県産業奨励館)と名称を変え、1944(昭和19)年3月からは建物は(戦時)統制会社の事務所などに使用されていました。
1945(昭和20)年8月6日午前8時15分(爆心地から≒160m)被爆してし館内に居られた30余名の方々は一瞬のうちに亡くなったと考えられています。
ここで取り上げた螺旋階段もほぼ真上からの爆風などで破壊しましたが、破壊されたその姿を現在に残しています。
原爆ドームの四季2004年の9月中庭の鉄骨階段を見るという事で、撮影しこの頁を編集していました。
この頁は原爆ドームの周りに設置されている柵の外より撮影した画像で編集したののでした。
       15.08.02.更新    04.09.30.裕・記編集
   関連頁:(中からみた)旧広島県産業奨励館・螺旋階段

04.09.18撮影
中庭の鉄骨(螺旋)階段を見る

04.09.18撮影

04.09.18撮影
≒西よりみる ≒西よりみる

04.09.18撮影
≒南西よりみる

04.10.01撮影
≒東よりみる

04.10.01撮影

04.10.01撮影



次ぎの拡大画像へ



広島ぶらり散歩
2004年・原爆ドームの四季



原爆ドームの四季





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO