原爆ドーム健全度調査(2006年)  

     原爆ドーム健全度調査業務
業務工期 平成17(2005)年11月28日〜平成18(2006)年3月31日
発注者    広島市都市計画局 緑化推進部 公園計画係
原爆ドームの健全度調査は、1989(平成元)年度の第2回保存工事以来、原爆ドームの経年変化を調べるために3〜4年に一回実施し、今回は2002(平成14)年度に続き五回目だそうです。
健全度調査は原爆ドームの地盤状況や原爆ドームの劣化・破損の状態を調べるとのことで、建物が沈下していないか40ヶ所で測定、壁面を検査棒で叩きモルタルの浮き具合を調査、ひび割れが広がっていないかなどを外観目視検査、ドーム部などの鋼材がさびていないかを目視検査などをするそうです。
06.02.25裕記編集

06.02.18撮影

電車通り越に(北側から)原爆ドームをみる

06.02.18撮影

06.02.18撮影
原爆ドーム健全度調査用の足場が組まれています。

06.02.18撮影
相生橋上から原爆ドームを見る

06.02.18撮影
≒北西より原爆ドームを見る

06.02.18撮影
≒北西より原爆ドームを見る

06.02.18撮影
≒西より原爆ドームを見る

06.02.18撮影
元安橋より原爆ドームを見る

06.02.18撮影
≒南西より原爆ドームを見る

06.02.18撮影
≒南東より原爆ドームを見る

06.02.18撮影
≒南東より原爆ドームを見る



次ぎの拡大画像へ



広島ぶらり散歩
「原爆ドームの四季」編・全体



「原爆ドーム」編・全体





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO