(邇保姫神社の)広島市保存樹林

  2002(平成14)年にここ邇保姫神社社叢が、広島市保存樹林として指定されていました。
2007(平成19)年9月27日早朝、本殿・庫裏などが焼失しました。2008(平成20)年からはじまった社殿等の復興事業で、境内敷地が約6mほど切り下げられ、その造成工事に伴って社叢の面積は当然減じることになりました。
広島市保存樹林
1.主な樹種:クスノキ・ヒノキ
2.樹林の面積:3,108u
3.指定番号 1
4.平成14年10月15日指定
広島市は、保存樹林としての規定をみたさなくなったということからでしょう。2011年の広島市の資料をみると、指定番号1は欠番となっています。
火事により、被爆建物でもあった社殿などを失ってしまうとともに、(地盤を下げ面積が減ったという間接的な原因が主でしょうが)広島市保存樹林であった社叢の多くを失ってしまった事を残念に思います。
2004年下から見上げた広島市指定の保存樹林の画像しかありませんが、この頁を編集しました。造成工事の計画図は、復興事業説明板にあった(地盤を下げる)図面を撮影したものです。
11.01.26裕・記編集

04.12.11.撮影
広島市南区西本浦町12‐13  (2004年当時の邇保姫神社社叢)

11.01.15.撮影
(復興事業で多くの社叢をうしなった邇保姫神社)

11.01.15.撮影
現在残っている大きな樹木
社叢が減ったということがわかる、復興事業説明板にあった図面を使用しました



「植物」編



広島ぶらり散歩へ
     (邇保姫神社関連頁)
(焼失前)邇保姫神社
(新築)邇保姫神社
 被爆建物・(邇保姫神社)手水舎
 戦捷記念碑
 広島市(指定)保存樹林
 紀元二千六百年記念の幟立石柱
 (番外)邇保姫神社の絵馬





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO