伝説: いくさつ
軍津
  伝わるところによれば「広島市西区の草津の名は、軍津と呼ばれたのにはじまるといわれています。むかし、神武天皇・神功皇后がこの地を通られたときに、軍津と名づけられ、のちに草津に転じたといわれています。同町内を流れる小川はむかしより御幸川と称されているのも、それにゆかりがあるのかもしれません」と・・・
(広島市が設置した)草津八幡宮によると、古代このあたりまで、深い入江であった。草津の地名の起こりは、軍津浦輪(いくさつうらわ)すなわち軍船の寄港地であったことによる説と宇佐の神が祭られていた津、宇佐津(うさつ)などの説がある。
創建は古く飛鳥時代の終わり推古天皇の頃(625年)に宇佐八幡宮を勧請したことによると伝えられ、中世には力箭山(りきやさん)八幡宮ともいわれた。祭神には、宗像三女神、八幡三神他三柱が祭られている。旧暦八月十五日の氏神祭(今は、九月末の日曜日)には、三台の神輿がせり合い「草津けんか祭」として有名であった。現在は保存会により、それが伝えられている。
  (草津八幡宮設置の説明板によると)
神武東征の多紀理宮(「古事記」は多祁理宮タケリノミヤ)の伝説は当地にも残っており神社西下より御幸川の間に仮皇居が在ったという伝承がある。また、神功皇后の朝鮮出兵の折、この地で軍船の船揃えをし、弓矢(箭)の訓練をした事に因みこの山を力箭山(りきやさん)と称し草津の旧名を軍津浦(いくさつうら)というなどの伝承がある。
草津の町を訪ね、草津八幡宮を訪ねたときに設置の説明板を読んで神武天皇・神功皇后の伝説をわずかに知ったのです、府中町の多家神社で神武天皇の東征のこと、南区の邇保姫神社で神功皇后の三韓出兵などを知り少しばかり繋がってきましたので、この伝承:軍津の頁を編集しましたが、まだまだわからないことばかりです。
 07.11.26裕・記編集

07.06.18.撮影
広島市西区田方の力箭山(りきやさん)と呼ばれていた山頂付近から南東側をみる

05.03.21.撮影
(力箭山中腹の)草津八幡宮より眼下の草津の町をみる



「民話」編



広島ぶらり散歩
(西区)草津附近」編


草津八幡宮
 (草津八幡宮)凱旋碑
 (草津八幡宮)凱旋燈
伝説:軍津(いくさつ)





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO