西部開発事業記念碑

  西区商工センターに設置されている西部埋立第五公園に建立されている「西部開発事業記念碑」です。
西部開発の基本構想は昭和33(1958)年策定「大広島計画」の基本構想の一つとして定められた海地帯埋立で土地造成計画に始まります。
かってこの一帯は、瀬戸内海屈指の浅瀬干潟漁場として古くから草津、井口地区の人々の生活を支えたところでしたが昭和46(1971)年漁業者の深い理解により漁業補償問題が解決し着工、11年の歳月と約壱千億円の巨費を投じて328万uの埋立を施工しました。
こんにち、昭和47(1972)年国が定めた流通業務施設の整備基本方針に基づき中央卸売市場、トラックターミナル、、倉庫及び卸売・工業団地等が建設され瀬戸内圏における経済流通の拠点として、また住宅街として躍動をはじめました。ここに埋立造成工事の竣工を記念し昭和57(1982)年3月25日広島市が石碑を建立します。
この井口地区で仕事をしたこともあるし、この造成地で1989(平成元)年開催された「海と島の博覧会・ひろしま」にも何度か足を運んだこともあるのにここに設置されていた「西部埋立造成工事竣工記念碑」の碑文を読んではじめて西部開発の歴史を知ったのです。
広島市が設置したからか?目立つ所に建立されているわけでもなく、大きくもないこの碑に刻まれた碑文で、西部開発の事業の大きさをわたしは知ったのでした。
08.04.08再編集  05.06.27裕・記編集

05.06.18撮影
広島市西区商工センター3-2  西部埋立第五公園

05.06.18撮影
西部開発事業 記念碑



































姿















「その他」編
(土地区画・開発関連記念碑など)



広島ぶらり散歩
西部埋立第五公園





SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送