(西部埋立第五公園)アーモンド

  西部埋立第5公園でみたアーモンドの木、実はどうかなと先頭を歩いていた方がアーモンド林の中に・・・・これが実なのかと云われる声を聞いて撮影したのでした。ほとんどが緑色の実でしたが、赤くというか茶色になろうとした実もみましたので撮影しました。なぜここに植樹されているかは、不明ですがもう少ししたら収穫時期かなと思ったのでした。
almond
アーモンド
バラ科サクラ属。の落葉小高木。アジア西部の原産とされる。高さ6mに達する。
全体がモモに似ているが果実は平たく、果肉が薄い。(桃や梅は果肉を食べますが)アーモンドは仁(じん)を食べる、仁に苦みのあるものは薬用、ないものは食用にする。アマンド。アメンドー。扁桃。巴旦杏(はたんきよう)。
※ヘブライ語でアメンドーは『目覚めの木』という意味でこれが英語のアーモンドに変化したそうです。
  わたしは、アーモンドチョコレートが好きで時々食べるのですが、はじめてアーモンドの木をみました、またその木に実が生っているところを広島で見ることなど想像したこともありませんでした。
交流ウォークで教えていただかなければ、アーモンドチョコレートを食べて続けていたことだろうと思ったのです。
05.06.22裕・記編集

05.06.18撮影
広島市西区商工センター3-2  西部埋立第五公園

07.07.21撮影
空作品「西部の門」とアーモンド林

05.06.18撮影

05.06.18撮影

07.07.21撮影
2007年は(2005年撮影よりも遅く撮影しましたが)熟れかたは遅いようでした



「植物」編



広島ぶらり散歩
西部埋立第五公園





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO