土師はじダム

土師ダム      昭和49(1974)年3月 建設省
  このダムは、江の川ごうのかわの洪水調整及び下流沿川の農地に灌漑用水の供給を行ない、されに、水資源の広域的な利用を計るため流域の変更により広島市、呉市及び安芸郡の一部に都市用水を供給し、あわせて発電を行い多目的ダムである。
ダムの建設は、昭和41(1966)年4月に着手し、8年の歳月と約100億円の業費をもって、昭和49(1974)年3月に完成した。
目的 1. 洪水調整
ダム地点計画洪水流量毎秒1,900m
3を毎秒800m3に低減して放流する。
2. かんがい(灌漑)用水の供給
江の川沿川及び簸川(ひかわ)沿川の農地に灌漑用水の供給を行う。
3. 都市用水の供給*
広島市に1日10万m
3の上水用水、広島市、呉市、安芸郡の一部に1日20万m3の工業用水の供給を行う
4. 発電
可部発電所にて最大出力38,000Kwの発電を行う。
諸元 河川名 一級河川  江の川
位置 広島県高田郡八千代町※
集水面積 307.5Ku
ダム形式 重力式コンクリートダム
    堤高:50.0m   堤頂長:300.0m  堤体積:210.000m3 
貯水湖名称 八千代湖
満水面標高:256.40m  面積:2.8Km3  有効貯水量:41,100,000m3
2004(平成16)年3月1日、高田郡吉田町、八千代町、美土里町、高宮町、甲田町、向原町が合併し安芸高田市になりました。
土師ダムから送られる水は、可部発電所で発電したあと都市用水として使用するため、太田川には高瀬堰が造られています。
八千代湖をみたのは何度かありましたが、ダム本体をみたのは今(2009年)回がはじめてでしたので撮影しこの頁を編集しました。
八千代湖について今でも(わたしの)記憶に残っているのは、1994(平成6)年広島で行われたアジア大会で、ここ八千代湖がカヌー競技場になっていましたが、この年は雨が極端に少なく、湖面高さが下がり競技ができないのではと危惧され、やっとのことで競技が行われた事なのです。
10.04.07裕・編集

09.04.07撮影
安芸高田市八千代町土師

09.04.07撮影

09.04.07撮影

09.04.07撮影

09.04.07撮影

09.04.07撮影

09.04.07撮影
土師ダム水没者顕彰の碑 土師ダムの桜



「水関連」編



広島ぶらり散歩へ
土師ダム
  土師ダムの桜
  土師ダム水没者顕彰の碑


「安芸高田市」編





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO