(可部友広神社)垂乳のイチョウ

  ここ友広神社には、広島市指定天然記念物のイチョウがある事から、昨(2010)年に訪ね撮影しました。その天然記念物の参道反対側にもイチョウがありましたが、幾分小さいイチョウ(天然記念物の指定ではない)だったから丁寧に見る事もなかったのです。
今(2011)年1月交流ウォーク探検隊で訪ねた時、強め剪定されているな〜と思ってイチョウをみたのです、落葉しており枝がむき出しになっており、垂乳の枝をみましたので、垂乳のイチョウだった事に今回はじめて気が付くという迂闊さでした。
きこん
気根
地上部から空気中に出る植物の根。
その機能は支柱(トウモロコシ)・吸水(セッコク)・保水(ヘゴ)・呼吸(マングローブ)など多様だそうです。樹齢を重ねたイチョウは、幹や枝から気根を出し、それが乳房のように見えることから「乳イチョウ」、「垂乳根のイチョウ」、「乳下がりイチョウ」などと呼んで、昔は乳が出ない母親から信仰を集めたそうです。
以前訪ねた時は、葉が茂っていたとはいえ(わたしは、前回の時は)よくみていなかったのです。
こちら小さい方のイチョウに乳下がりの気根があるということは、広島市天然記念物のイチョウの方もあってもおかしくはないと(わたしなりに)みましたが、垂乳はないようでした。
イチョウの落ち葉の処理に苦慮する現代ではあるのでしょうが、どちらのイチョウも、思いきった剪定をされているな〜〜と(わたしは)思いました。
11.01.03.裕・記編集

11.01.08撮影
広島市安佐北区可部南1-14-18 友広神社

11.01.08撮影

11.01.08撮影

11.01.08撮影
剪定の時、垂れ乳部分は残すようにしたようですが



「植物」編



広島ぶらり散歩へ
友広神社
  (可部)中島招魂社
  (広島市天然記念物の)イチョウ
  (垂れ乳の)イチョウ
  (可部南1丁目の)一等水準点
  (友広神社の)狛犬、梵鐘


「可部町」編





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO