あまんじゃくとたんこぶ

















































































































































































































 








 








































































































































































 




















 












 

















 



















海老山公園でみた彫刻作品でした。作者の苗字は石川さんと思いましたし、名前は読めませんでした。
民話:あまんじゃくがこの辺り五日市に伝わるものであったことは知りませんでしたが、あまんじゃく(あまのじゃく)の話は小さいときから知っていました。調べると全国にあまのじゃく伝説というものがあり、親の云う事を聞かないのは昔から全国区の話であったのかと思ったのです。
作者の姓名が、広島市役所の「広島市の屋外彫刻等」の資料で、石丸勝三と確かめましたので追記しました。
2010年撮影したまま整理せずにほったらかしていたのを少しづつ分類整理している2012年みると2月の冬枯れの中と、9月の緑に包まれた中の野外彫刻ではその表情がチト違うなと思いましたので画像を追加し再編集しました。
12.04.26再編集   07.06.26裕・記編集

10.09.18.撮影
広島市佐伯区海老山町海老山公園

07.02.07.撮影

07.02.07.撮影
げんこつとたんこぶとか・・・

10.09.18.撮影



「野外彫刻など」編


「民話・伝説」編



広島ぶらり散歩へ
海老山公園・概説



「旧(佐伯郡)五日市町」編





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO