(猿猴橋町の被爆樹木)シダレヤナギの枯死幹

シダレヤナギ       収集:広島市
爆心地から約1,900m 猿猴橋町(えんこうばしちょう)
戦前に街路樹(がいろじゅ)として植えられ、原爆の際も建物に遮(さえぎ)られて生き残ったシダレヤナギです。
2006(平成18)年1月に枯死(こし)していることが確認(かくにん)され、危険なため2月9日伐採(ばっさい)されました。被爆した広島で生き残り、芽吹(めぶ)いた樹木は人々に希望を与えたといわれています。
このシダレヤナギが、2006(平成18)年1月枯死したと確認され、2月9日伐採されたと、報道で知っていましたが、報道で云っていた『空洞内部が原爆で炭化していた』という状況は切株だけではわたしにはよくわかりませんでした。
今(2009年4月)回平和記念資料館・東館地下で催されている企画展「廃墟にフィルムを回す」を観るために地階1階に降りたところの展示室で以前と違った展示内容になっていましたので、企画展を観た後立ち寄ってみたのです。
そこで出会ったのが、この枯死した被爆シダレヤナギの幹でした。台の上に展示してありましたので、炭化している空洞部分を詳しく見ることはできませんでしたが空洞はよくわかりました。『さわらないでください』と注意書きがありましたので、ふれることはしませんでしたが、撫でてやりたいな〜という気持ちだったのです。
09.04.23裕・記編集

09.04.18.撮影
広島市中区中島町1-2 広島平和記念資料館東館地下1階展示室

09.04.18.撮影

05.10.10.撮影
被爆樹木  シダレヤナギ
A-bombed tree  Weeping willow
爆心地から1900m
Approx.1900m from the hypocenter
このシダレヤナギは、街路樹としてこの場所に植えられていたもので、1945(昭和20)年8月6日の原爆にも耐え、生き残りました。
広島市南区猿猴橋町4-1 (広島信用金庫広島駅前支店前歩道)



被爆した樹木一覧」編



広島ぶらり散歩へ
枯死寸前の被爆シダレヤナギ
枯死後(保存の)シダレヤナギ





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO