石田明作品:「母」像

  安芸高田市向原町坂丸山の向原高校に建立されている石田明作「母」像です。
母    1959(昭和34)年10月   石田明:作
交流ウォーク増田先生に三次に連れて行っていただく途中車中で、先生の出身校・広島県立向原高校に桜を植えてきたことを聞き、卒業以来訪ねたことがないという学校に立寄ったのです。新学期は、はじまっていないようで、桜満開の通学路を登っていき、校舎前庭に建っていたこの「母」と名付けられた彫刻に目がとまり撮影しました。
(いしだ めい)
石田 明:
(1931-   )
彫刻家。鳥取県米子市出身。東京芸術大学美術学部卒。
1959(昭和34)年から広島県で教職に就き、この間セメント彫刻に専念。1971(昭和46)年教職からはなれ上京。以後、新制作展に出品。広島商業高等学校をはじめ、米子市内の公共施設等に、作品を制作設置している。人物をモチーフに、堅実で清らかな具象彫刻を制作している。
石田明の資料は鳥取県立博物館の資料を参考にしました
09.05.07.裕・記編集

09.04.07撮影
広島県安芸高田市向原町坂丸山6−1  向原高校

09.04.07撮影

09.04.07撮影



野外彫刻など」編



広島ぶらり散歩へ
「安芸高田市」編





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO