ラサール神父・レリーフ

  中区幟町の世界平和記念聖堂内の祭壇横に設置されている「ラサール神父・レリーフ」です。
※レリーフの作者は、吉田正浪です。
被爆者でもあるラサール神父のレリーフが祭壇横の壁に設置されています。
レリーフには「平和を祈る」と刻まれていますので、平和祈念碑などの項目に加えています。
独逸で死去された神父は(普通は埋葬と云う独逸で)火葬にされ、その後、分骨され日本の地に帰ってこられているとお聞きしました。
Hugo Lassalle
フーゴー・ラサール
えのみや まきび
愛宮真備
1898 11月11日獨逸・ウェストファーレンに生まれる
1919 イエズス会に入る
1929 昭和4年 来日
1940 昭和15年 独・西管区から派遣、広島での責任者
1935年-1949年、日本イエズス会は独逸・西管区に属していた
1945 昭和20年 8月6日被爆
1946年-1954年、世界平和記念聖堂の建設をすすめる
1948 昭和23年 10月日本に帰化
1968 昭和43年 広島市名誉市民
1990 平成2年 7月7日ドイツで死去
原田祖岳(曹洞宗僧:1871−1961)らに禅をまなび、欧州で指導。著作に「禅−悟りへの道」などがある。
レリーフ (relief)≒浮き彫り。 〈「リリーフ」とも云う。
2005年祭壇横のこのラサール神父のレリーフに気付き撮影してこの頁を編集しました。
2007年彫刻関係の資料をみていると吉田正浪作のレリーフという事を知り追記しました。
聖堂の祭壇(北側)横と記述しながらそれとわかる画像がありませんでしたので、2010年になりましたが撮影し、再編集しました。
 10.11.23再編集  05.05.25裕・編集

05.05.11.撮影
広島市中区幟町4‐42  世界平和記念聖堂祭壇横

10.02.13.撮影

10.11.11.撮影

10.11.11.撮影

10.11.11.撮影
レリーフの下に略歴資料(上記)



「平和祈念碑等建立地一覧」編


「野外彫刻など」編
(吉田正浪作品)



広島ぶらり散歩へ
(平和記念聖堂)内部
  聖堂正面
  聖堂入口側
  ステンドグラス
  ラサール神父レリーフ
  聖母マリア像
  マンホール蓋の「信・望・愛」


世界平和記念聖堂(概説)





SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送