広島東照宮・赤松

赤松の由来
  昭和20(1945)年8月6日の原爆による本殿焼跡に自生した赤松。
当時、原爆焼跡には七十年間草木は生えぬといわれたが時の宮司これを移植今日のように育つ。他の一株は瑞垣(みずがき=神社・宮殿の垣根)の中にあり
 社務所
東照宮の境内をぶらり散歩し原爆誌を撮影したときに透塀(すきべい=瑞垣)を覗き込んだときに、社殿横のこのアカマツの説明板を読んで由来を知ったのです。
06.05.26裕・編集

04.01.02.撮影
広島市東区 二葉の里2‐1‐18 広島東照宮境内

06.01.21.撮影

06.06.01.撮影



「植物」編


「牛田・二葉の里附近」編・全体



広島ぶらり散歩へ
広島東照宮境内をぶらリ散歩
広島東照宮(概説)
(再建された)社殿
広島東照宮・唐門、翼廊
  広島東照宮・唐門、翼廊
  (復元された)唐門及び翼廊
広島東照宮・手水舎
広島東照宮・御供所
広島東照宮・本地堂
広島東照宮・神輿蔵
広島東照宮・紀元二千六百年記念碑
広島東照宮・御神水
(二葉山中腹)東照宮・御神井
東照宮・原爆慰霊碑
東照宮・原爆誌
東照宮・平和祈念短歌玉垣
東照宮・原爆65周年追憶碑
東照宮・アカマツ
(番外)広島東照宮の絵馬





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO