旧・広島市民球場跡地計画旧案
旧広島市民球場跡地の活用について
  『旧市民球場跡地は、平成25(2013)年春の完成をめざし、全体を環境にやさしい緑地空間として整備します。
跡地の中央部分には、市民広場を設け、この広場を中心にさまざまなイベントを実施することにより、年間を通じたにぎわいを創出します。』
と広島市都市活性化局 都心再開発部 旧市民球場跡地担当が設置したようです。
2011年4月旧市民球場解体工事用仮囲いに『旧広島市民球場跡地の活用について』という看板が取り付けられていました。
3月末に解体工事・一期工事が終わったと新聞で知りましたので撮影に行った時に、3月には無かったなと、撮影しました。
松井新市長「球場跡検討急ぐ」
2011年4月12日中國新聞をみていると
「10日投開票の広島市長選で、12年ぶりに新しいリーダーに決まった松井一実新市長(58)は11日インタビューに応じた。緑地広場を中心にした旧広島市民球場の跡地利用計画を見直すため、早急に具体的な議論を始める意向を示した。跡地利用の基本的な考え方として「若者を中心ににぎわいの場を整備する。その考えの中で議論してもらいたい」と方向性を提示。「のんべんだらりと議論をやってもらうつもりはない」と述べた。若者や経済界、商店街などによる検討委員会を発足させるとみられる。
一方で2013(平成25)年春開催予定の全国菓子大博覧会は必ず成功させるとし、そのため、跡地利用計画の見直しは菓子博の開催に影響が出ないように勧められる見通しです。」
とありました。
秋葉前市長が進めていた旧市民球場の解体は続けるが、その跡地の利用は再考すると発言しているようですので、ここで取り上げた跡地利用のパース(完成予想図)は幻に終わるでしょうね。
11.04.12裕・記編集

11.04.07 撮影
広島市中区基町5-25  旧市民球場正面付近

11.04.07 撮影
仮囲いに取り付けられている「旧広島市民球場跡地の活用について」の完成予想図
(設置のパースを使っていますが、施設名がわかりつらいので、(わたしが勝手に)加筆しています)
注1)ここに示した各施設の規模、デザイン等は平成22(2010)年6月時点の案であり、今後、変更する可能性があります。
注2)劇場については、ミュージカル等のロングラン公演が可能な中規模ホール等を検討することにしていますが、
   劇場が整備されるまでの間は暫定的に広場として利用します。
注3)商工会議所ビルや森のパビリオン、折り鶴ホール(仮称)のイメージパースは、
   商工会議所や民間事業者からの提供資料に基づき作成しています。
注4)市民広場に設置しているテントやステージは、イベント用の仮設です。

11.03.14 撮影
3月にはまだ取り付けられていませんでした



「広島カープ関連」編・全体


「建物」編




広島ぶらり散歩
旧・広島市民球場
旧市民球場解体工事経過
   旧広島市民球場の解体
旧・市民球場跡地計画
旧・市民球場建設時パネル





 
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO