段原再開発事業西部地区完成記念碑

  南区段原の段原第5公園内に建立されている「段原再開発事業西部地区完成記念碑」です。
広島市の「事業の概要』資料を見ると次のようにありました
[土地区画整理事業] [密集住宅市街地整備促進事業]
施行面積 約48.0ha
施行期間 昭和47(1972)年度〜平成18(2006)年度
総事業費 約621億円
公共施設の整備 都市計画道路:10路線、延長 5,083m
区画道路: 延長 10,135m
公園・緑地:7か所
施行面積 約48.0ha(施行地区外約 3.8ha)
施行期間 昭和53(1978)年度〜平成8(1996)年度
総事業費 約201億円
事業内容 コミュニティ住宅建設703戸
生活環境施設整備(集会所)8棟
[施行前の土地利用] [施行後の土地利用
宅地 431,142u 89.81%
道路 30,106u 6.27%
水路・堤防 16,297u 3.40%
公園・緑地 2,472u 0.51%
他公共用地 55u 0.01%
宅地 313,166u 65.23%
道路 145,275u 30.26%
堤防 7,195u 1.50%
公園・緑地 14,435u 3.01%
南区区役所は、南区回遊ルートマップを作成し市民に南区の魅力を発信しようとしているようでわたしのウォーキング資料としても貴重なものなのです。
その中にこの公園に手押しポンプが残されている画像が載っていたのです。手押しポンプの頁を編集しているわたしですから、訪ねなくてはと思っていたのです。
2008年訪ねるとこの場所には既に手押しポンプはありませんでしたが、この段原再開発西部地区記念碑が目に入りました。
08.07.21裕・記編集

08.01.19撮影
広島市南区段原3-11  段原第5公園

08.01.19撮影
段原再開発事業西部地区完成記念碑 平成18年4月27日記念式典

08.01.19撮影
事業概要
名称 段原再開発事業西部地区
施行面積 約40.8ヘクタール (地区外約3.6ヘクタール)
事業着手 昭和48(1973)年3月
事業完成 平成18(2006)年4月
総事業費 約850億円
施行者 広島市



「その他」編
(土地区画・開発関連記念碑など)



広島ぶらり散歩へ
(段原第五公園関連頁)
段原第五公園
 段原再開発事業西部地区完成記念碑
 世界人間居住賞(記念モニュメント)





SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送