(仏通寺の枯死した)臥龍の松

  2007年5月24日中國新聞の報道によると、『佛通寺のクロマツ「臥龍(がりゅう)の松」が、数年前から枯れはじめ、今(2007)年春切り倒した』と報道していました。
佛通寺の資料によると、別名「明道の松」とも言われ幕末に住持した明道惟靖和尚(弘化2年=1845年)が宗祖臨済禅師の故事に因み、仏法再興を祈願して植えた松で、樹齢:約150年、枝振(端から端まで):22m、樹高:3.3m、幹周:2m(だったそうです)
仏通寺の頁を編集しているので、臥龍の松を掲載していたかなとみたのですがありませんでした、撮影していなかったかとPCに保存しているかなとみてみたのですが、全体像を写したものはありませんでしたが、鐘楼を写した画像にこの臥龍の松の一部が写っていましたので編集してみたのがこの頁です。比治山:山陽文徳殿のクロマツも枯れていたなと思ったのです。
07.05.24裕・紀編集

03.06.23撮影
三原市高坂町許山  (仏通寺境内 鐘楼と「臥龍の松」)



「植物」編



広島ぶらり散歩
仏通寺(概説)
(佛通寺)仏殿、大方丈など
(佛通寺)開山堂など
参道沿い
種田山頭火句碑
(枯死した)臥龍の松





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO