廣島東照宮・社殿

  東区二葉の里に鎮座の“広島東照宮”の「社殿」をこの頁では取り上げました。
広島東照宮の社殿、拝殿は1945(昭和20)年8月6日米軍投下による原爆で焼失し、1946(昭和21)年3月頃から片付けが進み、(半焼した)松材や電柱を製材して仮の拝所が設けられました。
焼失した社殿は、1965(昭和40)年に再建、さらに本殿、幣殿、拝殿は1984(昭和59)年に建替えられました。
本殿:一間社流造り、唐破風付、銅板葺。 拝殿(32坪)、幣殿(5坪)
徳川宗敬( とくがわむねよし:1897-1989)
東京出身。水戸徳川家の出身で一橋家徳川達道(さとみち)の養子。東京帝大農学部林学科卒。
1939(昭和14)年貴族院議員。1946(昭和21)年最後の貴族院副議長。昭和22年参議院議員(緑風会)。1966(昭和41)年7月伊勢神宮大宮司に就任、1976(昭和51)年に神宮大宮司退任、神社本庁統理。国土緑化推進委員会理事長。日本林業経営者協会会長などをつとめた。東大講師として日本林業史を講義した。
2003年に東照宮の頁を編集していたのに、初詣などで参拝するのはこの(社殿)拝殿前からなのですが、この社殿の頁は2006年になってしまいました。
2012年社殿後ろから、本殿、拝殿などの配置がわかるようにと撮影していました。2013年のいまになりましたが、画像を追加し、神社額(扁額)の揮毫者・徳川宗敬について加筆し、頁を更新しました。
13.02.04更新    06.07.12裕・記編集

06.06.01.撮影
広島市東区 二葉の里2‐1‐18  拝殿 

06.06.01.撮影
三つ葉葵の紋章 神宮大宮宮司徳川宗敬謹書

06.06.01.撮影
本殿

12.01.09.撮影

12.01.09.撮影
社殿建物の配置がわかるかと撮影しました



「神社寺院など」編


「牛田・二葉の里附近」編



広島ぶらり散歩へ
広島東照宮境内をぶらリ散歩
広島東照宮(概説)
(再建された)社殿
広島東照宮・唐門、翼廊
  唐門及び翼廊保存修理工事
  (復元された)唐門及び翼廊
広島東照宮・手水舎
広島東照宮・御供所
広島東照宮・本地堂
広島東照宮・神輿蔵
広島東照宮・紀元二千六百年記念碑
広島東照宮・御神水
(二葉山中腹)東照宮・御神井
東照宮・原爆慰霊碑
東照宮・原爆誌
東照宮・平和祈念短歌玉垣
東照宮・原爆65周年追憶碑
東照宮・アカマツ
(番外)広島東照宮の絵馬





SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送